ジャンルを問わず、ちょっと調べて面白かったことや興味深いこと、個人的な日記を記載しています

日常生活まとめログ

生活

「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! 」というメールに要注意!

投稿日:

私のgmailにこんなメールが来ていました。

詐欺メールなので、絶対にアクセスしないように要注意です。

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/10に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

メール内にはリンクがあって、アクセスするといかにもAmazonっぽいページに遷移して入力を促されます。
間違えてアクセスしてしまっても、何も入力せずに画面を閉じましょう。

(ちなみに、ワタシ、そもそもAmazonプライムに加入していません・・・。)

Amazonの公式ページにて、Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別についての記載があります。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

このページによると、詐欺メールの例として「送信元が、Amazon.co.jp やAmazon.com を装ったEメールアドレス」というパターンの記載があります。

Amazon.co.jpからは、以下のメールアドレスを使用して連絡をしているようです。

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
amazonbusiness.jp
email.amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

今回私が受信した詐欺メールの送信元のアドレスは「didiiiii02@s25.coreserver.jp」というものでした。
怪しいメールが来たら、送信元をよく確認するようにしましょう。

-生活
-

Copyright© 日常生活まとめログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.