学校が土曜日休みになったのいつからだっけ?

生活

現代では、学校は土日休みが当たり前になっていますが、かつては土曜日の午前中も授業がありました。

あるいは、第二・第四土曜日だけが休みという時代もありました。

いつから土曜日休みになったんだっけ?
なんで土曜日休みになったんだっけ?

その理由に迫りたいと思います。

いつから土曜日も学校が休みになったのか?

公立学校では、段階的に週5日制が導入されていきました。

  • 1992年9月12日から、毎月第二土曜日が休みになりました
  • 1995年4月22日から、第二に加えて、毎月第四土曜日も休みとなりました
  • 2002年4月6日から、全ての土曜日が休みになりました

つまり、2002年に小学校1年生になった1995年(平成7年)4月以降に生まれた世代は、土曜日の学校の授業を知らないということになるのですね。

どうして土曜日の学校が休みになったのか?

多くの一般企業で週休二日制(週五日制)が浸透されていく中で、1990年代に入り、公務員の週休二日制も議論されていきました。

教員も例外ではなく、学校自体が土曜日休みの流れができていきました。

2002年に全ての土曜日が休みになった際には、「学校教育法施行規則」が改正されて、公立学校については法的拘束力も持たされました。

この背景には、いわゆる「ゆとり教育」の影響もあったかと思います。

授業時間が減ったことにより学力が下がったことや、コロナによる授業ができない影響もあって、地域によっては土曜日の授業が復活するという話もあるようです。

タイトルとURLをコピーしました