神秘的な輝きを放つ、神の子池

神の子池 画像北海道

神の子池について

北海道の釧路にある、神の子池に行ってきました。

水面がエメラルドブルーに見える美しさで、水中に倒れている木が腐らないという神秘的な光景です。

摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池です。
摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子」池と呼ばれます。
 

摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も、湖から流れ出す川もないことです。
それでいて、春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、湖の周辺に伏流水を湧き出させているからなのです。
 

神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。周囲220m、水深5mの小さな池で、水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。
 

水温が年間通して8℃と低く、倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでいます。
その隙間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は何ともいえない不思議な美しさです。
https://www.town.kiyosato.hokkaido.jp/kankou/kaminokoike.html

 

神の子池の情報 場所、地図、住所、駐車場、料金は?

住所: 北海道網走管内斜里郡清里町
料金: 無料
駐車場: 無料

ちょっと入り組んだところにあります。
一方通行の砂利道なので、運転にあまり慣れていない方はご注意ください。

摩周湖の観光と合わせて行くことがおススメです。

トイレもありますが、簡易的なもので潔癖症な方は覚悟をして利用されたほうが良いかと思います。

 

似たような観光地、美瑛の青い池について

似たような観光地で、美瑛の青い池があります。
青い池よりも神の子池の方が観光客も少なく、個人的にはオススメです。

【神秘的】Macの壁紙にも使われた美瑛の青い池
青い池についてMacの待ち受けにも使われた、美瑛にある青い池に行ってきました。天気や条件によって池の色が変わるのですが、私が行ったときはエメラルドグリーンに近い色でした。美瑛の白金温泉から車で約5分のところにある『青い池』。テレビや本で話題

 

 

神の子池ギャラリー

 

近隣の宿泊施設

タイトルとURLをコピーしました