生活

都会の一人暮らしが今すぐできる節約術10選

投稿日:

タイトルは「都会の一人暮らし」と書きましたが、一人暮らしに限らずに今すぐできる節約術を紹介します。

無駄な待機電力を減らす

待機電力は放っておくとバカになりません。

できる限り、スイッチ式のコンセントを使って、仕様しないときはOFFにしましょう。

特に見落としがちなのが、

  • 洗濯機
  • 炊飯器
  • スマホの充電器

といったあたりでしょうか。
使うときだけ差し込んでおくのが良いでしょう。

出張が多く、あまり家にいる時間が少ない人であれば尚更です。

 

定期代はクレジットカード一体型を使う

定期代はクレジットカード一体型のタイプを使うと良いでしょう。
定期代の購入で、お得にポイントをGETすることができます。

例えば、JR東日本圏内の場合はVIEWカードがオススメです。

もしJR沿線以外の場合は、利用している路線に合わせたクレジットカードを用意しましょう。
関東の場合は、以下の路線であれば、定期代の購入

  • 東急
  • 東武
  • 京急

 

スマホは格安SIMを使う

ドコモ、au、SoftBank、いわゆるキャリア携帯を使っている人は、格安SIMに乗り換えると大幅に通信費を節約でき雨量になります。
時間帯によっては通信が安定しないこともありますが、私は支障が出るレベルではなく問題なく利用できています。

オススメするのは、以下の会社です。

  • 楽天モバイル
  • Y mobile
  • UQ mobile
  •  

    市販の薬は買わない

    市販の薬はなるべく買わずに、病院で処方箋をもらって薬を入手したほうが圧倒的に安く済みます。
    特に、この時期は花粉症の薬です。

    市販の薬の場合、1錠あたり○円ほどかかりますが、処方箋をもらってジェネリックで済ませれば○円程度です。
    飲み薬だけでなく、点眼や点鼻薬も医師にお願いして処方箋を書いてもらうと良いでしょう。

    また、処方箋をどこの薬局に出すか、というのも重要です。
    いわゆるドラックストアで薬を貰えば、ポイントが付与されるところもあります。

     

    電子マネーを活用する

    コンビニの支払いでは、電子マネーを活用していきましょう。
    支払い時に付与されるポイントも、積もり積もればバカになりません。

    ただし、クレジットカードからのオートチャージについては、人それぞれの向き不向きがあることを補足しておきます。
    オートチャージは、ポイント付与されたり、チャージの手間が省ける便利な側面がありますが、現金を扱わなくなってしまうため、お金を使う感覚が薄れてしまって、逆に貯金できなくなってしまう側面もあります。

     

     

    お風呂周りの水光熱費を節約する

    お風呂まわりの水光熱費は、節約をできるポイントがいくつかあります。

    まずはシャワー。
    このシャワーの出しっぱなしは結構な無駄を生んでいます。
    都度蛇口をひねるのは手間だと思うので、節水シャワーを使うのをオススメします。

    次に浴槽。
    お風呂の残り湯を有効活用して節水しましょう。
    洗濯や掃除の利用に使うのが、

     

    マンガは買わずに無料で読む

    今やマンガはスマホで手軽に見ることができる時代になりました。
    ジャンプ、マガジン、サンデーなど、各誌が無料のアプリを出しているので、これらのアプリを使って無料で漫画を読むことができます。

     

    タバコをやめる

    タバコは百害あって一利なし。
    値上がりもし続けているので、今すぐやめるべきでしょう。

    タバコをやめることで出費が減るだけでなく、健康を得ることもできます。

     

    車に乗らない

    都市部に住んでいるのであれば、マイカーを手放しましょう。
    車はガソリン代、維持費、車検代、駐車場代など、所有にあたりかかる費用はバカになりません。

    まずはマイカーの買取査定をしてもらいましょう。

    車が必要なときは、最近増えてきたカーシェアを利用するのがオススメです。

     

    節約を意識し過ぎない

    最後に、あれこれ書きましたが最も大切だと思うのが、節約を意識し過ぎないということ。
    節約することばかり気にして、ストレスを溜めたり、不自由な思いをするのであれば元も子もありません。

    大切なのは適度にできることをやる、ということだと思います。

     

    タイトルは「都会の一人暮らし」と書きましたが、一人暮らしに限らずに今すぐできる節約術を紹介します。

    無駄な待機電力を減らす

    待機電力は放っておくとバカになりません。

    できる限り、スイッチ式のコンセントを使って、仕様しないときはOFFにしましょう。

    特に見落としがちなのが、

    • 洗濯機
    • 炊飯器
    • スマホの充電器

    といったあたりでしょうか。
    使うときだけ差し込んでおくのが良いでしょう。

    出張が多く、あまり家にいる時間が少ない人であれば尚更です。

     

    定期代はクレジットカード一体型を使う

    定期代はクレジットカード一体型のタイプを使うと良いでしょう。
    定期代の購入で、お得にポイントをGETすることができます。

    例えば、JR東日本圏内の場合はVIEWカードがオススメです。

    もしJR沿線以外の場合は、利用している路線に合わせたクレジットカードを用意しましょう。
    関東の場合は、以下の路線であれば、定期代の購入

    • 東急
    • 東武
    • 京急

     

    スマホは格安SIMを使う

    ドコモ、au、SoftBank、いわゆるキャリア携帯を使っている人は、格安SIMに乗り換えると大幅に通信費を節約でき雨量になります。
    時間帯によっては通信が安定しないこともありますが、私は支障が出るレベルではなく問題なく利用できています。

    オススメするのは、以下の会社です。

    • 楽天モバイル
    • Y mobile
    • UQ mobile
    •  

      市販の薬は買わない

      市販の薬はなるべく買わずに、病院で処方箋をもらって薬を入手したほうが圧倒的に安く済みます。
      特に、この時期は花粉症の薬です。

      市販の薬の場合、1錠あたり○円ほどかかりますが、処方箋をもらってジェネリックで済ませれば○円程度です。
      飲み薬だけでなく、点眼や点鼻薬も医師にお願いして処方箋を書いてもらうと良いでしょう。

      また、処方箋をどこの薬局に出すか、というのも重要です。
      いわゆるドラックストアで薬を貰えば、ポイントが付与されるところもあります。

       

      電子マネーを活用する

      コンビニの支払いでは、電子マネーを活用していきましょう。
      支払い時に付与されるポイントも、積もり積もればバカになりません。

      ただし、クレジットカードからのオートチャージについては、人それぞれの向き不向きがあることを補足しておきます。
      オートチャージは、ポイント付与されたり、チャージの手間が省ける便利な側面がありますが、現金を扱わなくなってしまうため、お金を使う感覚が薄れてしまって、逆に貯金できなくなってしまう側面もあります。

       

       

      お風呂周りの水光熱費を節約する

      お風呂まわりの水光熱費は、節約をできるポイントがいくつかあります。

      まずはシャワー。
      このシャワーの出しっぱなしは結構な無駄を生んでいます。
      都度蛇口をひねるのは手間だと思うので、節水シャワーを使うのをオススメします。

      次に浴槽。
      お風呂の残り湯を有効活用して節水しましょう。
      洗濯や掃除の利用に使うのが、

       

      マンガは買わずに無料で読む

      今やマンガはスマホで手軽に見ることができる時代になりました。
      ジャンプ、マガジン、サンデーなど、各誌が無料のアプリを出しているので、これらのアプリを使って無料で漫画を読むことができます。

       

      タバコをやめる

      タバコは百害あって一利なし。
      値上がりもし続けているので、今すぐやめるべきでしょう。

      タバコをやめることで出費が減るだけでなく、健康を得ることもできます。

       

      車に乗らない

      都市部に住んでいるのであれば、マイカーを手放しましょう。
      車はガソリン代、維持費、車検代、駐車場代など、所有にあたりかかる費用はバカになりません。

      まずはマイカーの買取査定をしてもらいましょう。

      車が必要なときは、最近増えてきたカーシェアを利用するのがオススメです。

       

      節約を意識し過ぎない

      最後に、あれこれ書きましたが最も大切だと思うのが、節約を意識し過ぎないということ。
      節約することばかり気にして、ストレスを溜めたり、不自由な思いをするのであれば元も子もありません。

      大切なのは適度にできることをやる、ということだと思います。

       





-生活
-

Copyright© いろいろ調べてまとめてみました , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.