鏡開きに関する雑学 5選

1月11日は鏡開きの日です。

そもそも鏡開きとは、お正月にお供えしていた鏡餅をおろして食べると風習のことです。

この年始の行事である、鏡開きに関する、雑学、うんちく、トリビアを紹介します。

 

  1. 関西圏では15日に鏡開きを行うなど、地域に応じて時期が異なる
  2.  

  3. 餅なのに「鏡」の理由は、鏡餅が銅鏡の形を模しているから
  4.  

  5. 鏡開きは包丁を使わない。「切る」ことが切腹を連想させて縁起が悪いから
  6.  

  7. それもあって、「鏡割り」や「鏡切り」とは言わない
  8.  

  9. 鏡餅が段重ねの理由は、願いを「重ね重ね」お願いすることから
  10.  

 

タイトルとURLをコピーしました