転職してみて成功した3つの事と、失敗した2つの事

転職

転職してみて良かったこと、悪かったこと。
それぞれ転職することで初めて気がつくようなことでした。

転職して成功したこと

やりたい仕事に近づける

転職するにあたり、再び自分で仕事を選ぶことができる立場になったことで、自分がやりたい仕事を主張して選択することができました。
やりたい仕事を選んで近づけたことは、転職して良かったと思うことのひとつでした。

給与のアップ

転職活動中から現職以上の給与アップを条件に活動していたため、年収ベースで給与アップをすることができました。
仕事のやりがいについて、仕事内容かお金か、を選択する場合は、よほどの状況じゃない限り妥協しない方が良いと思います。

自分の時間の確保

僕の場合は長時間労働で体を壊したため、労働時間は最も大事な要素でした。
残業が少ないことや、手当がしっかりしていることについては絶対譲歩しないようにしよう、と思っていて、大幅に勤務時間を減らすことができました。

それにより、ゆっくり休むことができるようになったし、家族や趣味に時間を割くことができるようになりました。

転職して失敗したこと

もちろん、転職は良いことばかりではないです。

人間関係の再構築

既に知り合いがいる環境であれば関係ないですが、そうでない場合はゼロから人間関係を構築しなければなりません。
上司や同僚がどんな人なのか分からないし、逆に自分のことも理解してもらえていません。
これは大きなストレスになりました。

環境の変化

人間は変化が苦手な生き物だと聞きます。
これまでと違う通勤経路、職場の環境、パソコンの設定、会社のルール。環境の変化も大きなストレスになりました。

タイトルとURLをコピーしました