ドーハの悲劇に関する雑学 6選

10月28日は、1993年にサッカーワールドカップアジア最終予選で日本がイラクに引き分けてワールドカップ出場権を逃した日、いわゆる「ドーハの悲劇」の日です。

日本のサッカー界においては、最大の悲劇であったかもしれないですが、野球に比べて国内でのスポーツ人気が劣っていたサッカーが、国内での注目度を高めた日であるともいえるかもしれません。

そんなドーハの悲劇に関する、雑学、うんちく、トリビアをまとめました。

  1. 当時のW杯のアジア枠はわずか「2枠」現在は「4.5枠」
  2.  

  3. 日本が逃した出場権を獲得したのは韓国。韓国では「ドーハの奇跡」とも言われているとか。
  4.  

  5. 日本代表は、その韓国代表と同じホテルに宿泊していた
  6.  

  7. 同点ゴールの瞬間、監督のオフトはベンチでタバコを吸っていた
  8.  

  9. 同点ゴールのロスタイムは、ピッチに投げ込まれたコーラの瓶を回収していた時間分
  10.  

  11. この試合の視聴率「48.1%」は、現在もテレビ東京の歴代最高視聴率
  12.  

 

タイトルとURLをコピーしました