サツマイモに関する雑学 7選

10月13日は「サツマイモの日」だそうです。

なぜこの日が「サツマイモの日」なのか?というと、

埼玉県川越市のサツマイモ愛好家のグループ「川越いも友の会」が、10月はサツマイモの旬の季節で、また、江戸から川越までの距離が約13里なので、サツマイモに「栗(九里)より(四里)うまい十三里」という異名があったことから、10月13日をサツマイモの日とした。

ことからきているとか。

サツマイモに関する雑学、うんちく

そんなサツマイモに関する、雑学、うんちく、トリビアをまとめました。

  1. サツマイモの名前の由来は、今から400年以上前に「薩摩(今の鹿児島)」から全国へ広まっていったことから

  2. サツマイモの生産量は、鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県の4県が、国内生産量の80%を占めている

  3. 安納芋(あんのういも)をはじめ、鹿児島が主要な産地の理由は、火山灰を含んだ土地が適していることと、風害に強い作物であること

  4. 「サツマイモを食べるとオナラが出る」の根拠は、サツマイモがでんぷんを多く含んでいることが理由

  5. 皮ごと食べると「ヤラピン」という腸の働きを整える成分の力で、ガスが溜まりにくくなる

  6. サツマイモは寒さに弱いため、冷蔵庫で保存してはいけない

  7. 「芋づる式」の「芋」=サツマイモのこと

タイトルとURLをコピーしました